テレビでユーチューブの動画が再生されると、1回0.1円もらえる、とか、ユーチューバーとかの存在を知ったのが、つい2年ほど前。
ずっと興味はあったんですが、先日、ちょっと実際に調べてみたんです(遅っ!)
そうしたら、今はユーチューブの単価がものすごく下がってしまって、ほとんど稼げなくなってしまったみたいですね。
しかも、投稿すれば誰でもお金をもらえるってわけではなくって、申請して、ユーチューブ側に認めてもらえないとダメなんだとか。
つまり、動画を沢山投稿してたり、アクセス数がある程度ある人でないと難しそうってことですよね?
申請という言葉を聞いた時点で、もともと戦闘意欲の低かった私は諦めモードでしたが、やっぱりネットで稼ぐって、並大抵のことではないんだな~と痛感しました。
そういえば、以前あるユーチューバーの日常生活の様子をテレビでやってたことがあるのですが、その人は毎日仕事をするのと同じように、いえ、むしろそんじょそこらのサラリーマンよりもよっぽど長い時間、ユーチューブのために「働いて」いました。
寝る間も惜しんでって感じだったのを覚えています。
しかも、ユーチューブのために、自宅に機材やら色々揃えたり、投資額の方も半端じゃなかったです。
結局楽して儲けるなんて、そんなことできるなら誰だってやってるんですよね(泣)